事業案内

財産コンサルティング

資産家の皆様の財産運用を統合的・継続的にサポートします。

保有資産リポート

総資産のポートフォリオは、これからは不動産、有価証券、現預金にバランス良く分割することが大切です。当社のノウハウと、投資向け不動産や証券、保険等提携ネットワークを駆使し最適な提案を致します。

保有ポートフォリオのリスクをモニタリングし、お客様のリスク許容範囲で 最適な資産配分を提案します。

資産運用の基本は分散投資です。効率的な分散を追及することでポートフォリオ理論が発展してきました。元来、ポートフォリオとは「紙ばさみ」という意味です。
伝票を閉じこんでいた紙ばさみの中味全部をポートフォリオと呼ぶようになったのです。

ポートフォリオには期待する収益(リターン)がありますが、リターンの振れぐあいを(リスク)といいます。リスクとは結果が不確実なことですが、標準偏差を用い数値化するわけです。リスクとリターンとは裏腹なものといって良いでしょう。あるポートフォリオはこれだけの収益が期待されるが、その収益を得るためにはリスク度はこれだけとなるのです。
リスクを大きくすることで高いリターンが期待できます。これをハイリスク・ハイリターンといいます。逆にリスクを小さくすればリターンも小さくなります。ローリスク・ローリターンとなるわけです。若い年代ではリスクは大きく高いリターンを追及、高齢になるほどリターンは少ないがリスクも小さい、ローリスク・ローリターンが望ましいポートフォリオといえます。

私どもは、特定の商品販売を目的としない中立的な立場で、当社の専門家が運用の
アドバイスを致します。

株式会社湘南財産コンサルタンツ(金融商品仲介業者)登録番号 関東財務局長(金仲)第621号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

所属金融商品取引業者:株式会社SBI証券 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会

金融商品仲介業者とは、金融商品取引業者等の委託を受けて、「有価証券の売買等の媒介」や「有価証券の募集もしくは売り出しの取り扱い」などを行う法人または個人です。


勧誘方針

勧誘方針(57.3KB)


保険診断・設計

 

 ライフプランとリスクマネジメント。
単に資産運用だけでなく総合的にリスクをコントロールする観点から提案します。

生命保険は、スムースな事業の継承を達成する手段として、また相続対策として活用できる有効な商品といえます。
生命保険金には相続人一人当たり500万円の非課税枠があります。
手元預金が多い場合、生命保険に加入し非課税限度枠を用いることにより、相続財産の評価額を引下げることが可能になります。
また、相続期間中は銀行等の預貯金が凍結されますが、保険でかけていれば、必要書類を提出すればわずかの日数で受取れますので、諸費用の支払いに困りません。
さらに、代償分割といって特定の相続人が財産を相続する代わりに、他の相続人に金銭などを与える場合に生命保険金を活用することも可能です。
事業経営をされている方、円満に相続を済ませたい方等々ライフスタイルに合わせた活用方法があります。

不動産有効活用

 

土地偏重となっている資産ポートフォリオに悩んでいる多くの資産家の皆様に不動産運用のノウハウと当社のネットワークを存分に活用していただきます。

不動産活用は多岐にわたります。所有不動産の買換え、二所帯住宅による小規模宅地等の特例活用、広大地適用、事業用資産の買換え特例活用、不動産保有会社設立、タワーマンション購入、アパート・マンション経営、等々家族構成や不動産の所有形態、財産のポートフォリオ状態で活用方法は様々となります。
相続においては、不動産の評価を適性に行うことが最重要課題です。不動産の評価次第で、相続対策や相続税申告額に大きな差異が生じてくるからです。
実績と経験、関連業態との豊富なネットワークを有する私共にご相談下さい。
弊社では、初回無料でコンサルティングを行っております。
ウェルス・サポート倶楽部のご案内
まずはこちらにお電話ください 0800-111-3130
メールでのお問い合わせ